• ホーム
  • てんかんで倒れてる人がいたらどうすればよいのか

てんかんで倒れてる人がいたらどうすればよいのか

脳のスケッチ

てんかんは慢性の脳疾患です。
大脳の神経細胞は通常は規則正しいリズムを保っていますが、突然電気的な乱れが生じることでリズムが崩れることで意識障害や痙攣などの症状が現れます。
意識障害や痙攣は一時的ですぐに回復しますが、繰り返し発作を起こします。
てんかんは一時的なもので1分から2分程度で収まる事がほとんどで繰り返して起こすことが特徴です。
原因は様々ですが、症候性てんかんは低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷などによって脳に何らかのダメージがある場合に起こります。

特発性てんかんは原因不明のてんかんです。
乳幼児から高齢者まで幅広い層が発病します。主に18歳以下までの人が多いです。
家庭を含め職場などてんかん患者の方がいる場合には周囲の人は焦らずに対応する必要があります。
発作を起こした人がいた時には、慌てずに周囲に尖った物やストーブなど危ないものが無いかを確認します。
危ないものがある場合は遠くに物を引き離しましょう。
衣服などを緩めてあげる事、患者の下顎を軽く上にあげて呼吸をしやすくしてあげるためにも気道を確保してあげましょう。

舌を噛んでしまう可能性を減らすことにも役立ちます。
舌を噛まないようにタオルなどを口に入れてしまう人もいるかもしれませんが、逆に呼吸が出来なくなり危険です。
食後などに発作が起こった場合には顔を横に向けてあげることが重要です。
嘔吐した場合に気管に入る恐れに対処する方法です。

後は落ち着いててんかんを起こした人の意識が回復するまで寝かせてあげましょう。
1回の発作が長く続き止まらなかったり、痙攣などの発作がいつまでたっても治まらないようであれば病院へ連れて行かなければいけません。
てんかんは決して死ぬ病気ではありませんが初めて遭遇した場合や慣れるまでは冷静さを無くして欠いてしまう事も少なくはありませんが冷静になって対処する事が大切です。

人気記事一覧