Kondrashov のすべての投稿

ドイツに住んでいます。

日本のリンゴのようにリンゴ自体が甘くいい香りがして蜜が入っていて…という質のいいおいしいリンゴは残念ですがドイツにはあまりありません。
市場などで農家の方から直接購入するリンゴはそこそこおいしいですが日本程ではないです。
私の義理の母は日本のリンゴ(果物全般)は甘すぎると言っています。
リンゴに対しての味覚や常識が違うようです。

日本のフジもよくドイツで見かけます。
日本のようにおいしいリンゴは少ないですが、その代わり、とても安く購入する事が出来るので
ケーキを焼く際によく購入します。
特にドイツに来てから好きになったのは、リンゴをざく切りにし、シナモン、アーモンドプードル、少し砂糖、砕いたビスケットなどを混ぜて、パイ生地に包んで焼く、オーストリアやドイツ風のアップルパイです。
パイ生地は手作りする場合、パイ生地ではなく、すごく薄く伸ばした生地に巻いていきますが、作るのが大変なので、私はパイ生地を購入してそれに巻いて焼きます。
砂糖やバターが少なく、リンゴの甘みを楽しめるので気に入っています。
通常は焼き立てアツアツのアップルパイにカスタードクリームを添えて食べるようですが、私は生クリームが好きです。

日本では皮をむいて食べることが多いですが、ドイツでは、少し小ぶりのリンゴを丸かじりする事が多いです。
私はリンゴの皮の食感があまり好きではないので皮をむきますが、皮つきで食べたほうが栄養があっていいとの事。
北海道よりも北にあり日光も少なく作物の育ちにくい土地なので、栄養を摂取するために、
果物はよく皮つきのまま丸かじりする事が多いようです。
ドイツは土地に余裕があるようで、よく自宅の庭にリンゴの木が植わっていつ家庭があります。
花が咲いて実が育っていくのを見るのは、季節を感じてとてもいいと思いますが、
剪定などはしないようで、沢山なっていても食べきれず落ちてたり痛んでしまっても、そのままにしてあるので、
ちょっと残念に思います。
青森りんご 格安

子育ては親育て。

子どもの目を通して、色々なことに気づき心を動かされることです。
身の回りのものの不思議な現象や、普段は気にもとめないことについて、いつも我が子は新鮮な驚きを表現してくれます。私も一緒に感激し、またそのことに気づいて表現してくれた子どもの感性や賢しさをとても愛しく感じます。
子どもを産む前、私は仕事に明け暮れ周りを見ない人間でした。身の回りの自然にも遊びにも、食べることにすらも興味がなく、ただ職場と家を往復するだけの人間でした。それが我が子のおかげで、今は毎日が小さな驚きと喜びの連続です。
世界への興味でいっぱいの、生きるエネルギーに溢れる我が子と一緒に過ごすことは、私自身の人生においても、素晴らしい経験となっています。
子どもが寝ないことです。我が子は幼児の頃から、週に1~2回以上、夜中の1~3時頃に目覚めてそのまま朝を迎える睡眠リズムです。ただ起きているだけならまだ良いのですが、昼間より元気で、部屋中走り回ったり一緒に遊ぼうと親を叩き起こしたりするので私も夫もフラフラになります。
子どものことはとても可愛いですが、寝ぼけている最中に叩き起こされると頭が本当に回らず、頼むから寝かせて、静かにしてと泣いてしまったこともあります。
また、夜中に起きた日は、朝になると本人が力尽きて寝てしまいます。幼稚園や学校に行けず休んでしまったり、午前中の授業を寝て過ごしたりといったことも問題です。
子どもを産むまでは、子どもがこんなに寝ないものなのだとは想像もつきませんでした。保護者同士の雑談で、夜から朝まで規則正しく寝ているらしいお子さんの話を聞くとどうしようもなく羨ましくなります。
子ども自身の成長への影響もとても心配なので、早く不眠が解消されてほしいです。
子どもを、海に連れていってあげたいです。南国のきれいな海の色を見せてあげたいです。海なし県に住んでいるから、なおさらそう思うのかもしれません。
子ども食堂 立ち上げ