看護師の優しい態度を勘違いしてくるセクハラ患者たちが後を絶たない

看護師
特に若い看護師は男性患者さんから色目を使われたり、誘いを受けたりすることはよくあることです。
「退院したらデートしようよ」
「何でも買ってあげるから」
なんとか笑って受け流してはいても、時には急に手を握ってきたりもするから困りものです。

白衣の天使と勘違いするのは患者の勝手ですが、それによるセクハラまがい行為は考えモノです。

しかし、度を過ぎたセクハラ行為が続く場合にはひとりで悩まずに上司に相談しましょう。
「上司に報告したら患者さんが困るかも?」
なんていう心配なんかする必要なんて全くありません。
たとえあなたがひとりが我慢したとしても、次は他の看護師がそれに悩まされるだけなのです。

そんなセクハラ行為を続ける患者にいくら注意しても
「冗談です」
「そんなことはしていない」
とか言い訳をしてくるものですが、なかなかそのセクハラ行為はおさまらないこともあります。

患者さんの「セクハラ行為」に対しては病院は毅然とした態度をとらなければなりません。
セクハラ行為をやめない患者には強制退院という措置もできます。

患者さんいたいして看護師は寄り添ってあげることはとても大切ですが、そいれと子のセクハラ行為を我慢することは関係ありません。
一人の看護師の勇気が他の看護師みんなを救うことになるのです。
しいては看護師の職場の改善にもつながります。

個人的にセクハラ行為を受けている看護師なら、上司に相談して担当を外してもらうこともできます。

特に新人看護師が初めてセクハラ行為を受けた時には大きなショックを受けてしまいます。
それで看護師の仕事というものが嫌いになって退職でもしてしまったら、それは社会にとって大きな損失でもあります。

また自分自身の安心で安全な場所を確保する意味でも、セクハラ行為を受けたのなら速やかに上司に相談するべきです。

・セクは他子ぷ位は犯罪なので、些細なことでも必ず報告相談しましょう。
・ひとりで抱え込まずに、勇気を出して周囲に協力してもらいましょう。
看護師 求人 ブランク可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です