快適な睡眠のためにふとん選びは最重要事項である

快適な睡眠に最も影響するのが
どんな布団で寝るか?
だと思います。
それくらいふとねラビは重要です。

そこで布団選びで気を付けて欲しいのが
どのような素材の布団か?
ということなんです。
その布団の中綿がどのような素材なのか?
これでかなり睡眠の質は変わります。
そのふとんの
「保湿性」
「保温性」
「吸湿性」
「発散性」
「硬さ」
「重さ」
すべてが寝心地に影響してきます。

代表的な布団の中綿素材に以下のようなものがあります。
・ポリエステル
一番べ段が安く、最も普及しているのがこのポリエステル素材の布団です。
弾力性と本性に優れ、なおかつ軽いので掛け布団に適しています。
・綿
昔からの布団と言えば「綿」ですよね。
保温性
保湿性
弾力
通気性
すべてに優れています。
ただ、血行重さがあるので、敷布団に適しています。
またホコリも出やすく、まめに干さなければなりません。
・羊毛
羊毛は吸湿性に優れています。
この吸湿性はなんと綿の2倍、ポリエステルの37倍もあると言われています。
お手入れも比較的簡単なこと
値段も手ご理
ということもあり近年は人気が出てきています。
・羽毛
なんといってもかけ布団には羽毛が一番です。
軽いうえに、冬温かく、。夏は鈴日い
まさに布団にピ至りの素材でsづ。
ただ、その分 お値段もお高めなのは仕方ありません。
一年を通して使えるのがこの羽毛布団御かけ布団です。
少々無理をしてでも、個人的にはこの羽毛布団の掛布団を遅すめします。
一度使いだすともう他の布団では眠れなくなります。

おすすめの布団素材とは?

昔からある木綿のお布団
おもに敷布団で使われることhが多いのですが、近年では
重い
干すのが手間
ということで少し不人気になってきています。
でも、合祀え輪やに比べて吸湿性が格段に優れており、特に夏場の汗をかく季節には優れています。
逆にかけ布団ではもめにょりも合祀ええ綿のほうが、軽い笛に保温性も良く、薄い布団でも温かく眠ることができます。
このあたりもしっかりと知っておいてください。
NELLマットレス 店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です