薬の飲みすぎが難聴の原因なこともある

ちょっと特殊なケースかもしれませんが「長年の薬の服用を止めたら難聴が改善した」ということもあるのです。
難聴を抱える高齢者の多くが何らかの持病持ちです。
そのため、毎日なんらかの薬をな減に渡って服用しています。
特に精神安定剤や頭痛薬などは耳の聞こえにも影響することがあります。
めただ、明確な病気を治療するために医師が処方した薬の服用を勝手に辞めることをしてはいけません。
しかし、あまりにも多くの方が
「症状もあまりないのに長年にわたって薬を飲んでいる」
ことも少なくないのです。

これを飲んだら体調が良くなった
そんな過去の経験から、症状が改善してもその薬を飲み続けていることがあります。
不用と思われる薬はいくつかやめることも大切なことです。
もちろん医師の相談の上で行うことは言うまでもありませんが・・・

患者も愛用している薬を処方してもらうために、症状が改善されてもそのことを医師に伝えないこともあります。
医師もその薬が患者に良いようなら処方するでしょう。
そのp長年の悪臭が難聴の原因になっていおることもあるのです。

頭痛持ちの人は確かに頭痛薬を飲めば頭痛は収まるでしょう。
でも、それは症状を一時的に抑え込むだけで根本的な原因を取り除くものではありません。
本来、薬というものは1週間程度飲み続けてm、効果が無ければ服用は控えるべきもなのです。
糖尿病や高血圧など10年も20年も飲み続けるお薬もあるでしょう。
しかし、祖jンな人が難聴や老眼になった時には、もしかして薬害?ということもあり得るのです。

薬はのみかたによっては「毒」にもなるのです。
高価や目的がはっきりしない臆するは何年も飲み続けることはおすすめできません。

特に難聴などはその原因や理由がはっきりわからないことも多く、そのために根本的な治療も難しいのです。
そして身体がその異常を訴えるのが目や耳なのです。
難聴は「糖尿病」「動脈硬化」といった恐ろしい生活習慣病の初期のサインのこともあります。

「聞こえにくい」
そのことを今の生活習慣を見直す良いきっかけにしてください。

オリーブスマートイヤー 評判